2015年07月29日

ナチスの罪暴く若き検事の苦悩とは、ドイツ映画『顔のないヒトラーたち』

|☆ミ(ノ゚∇゚)スタッ! o(*゚∇゚)ノシ コンチャー


ハートのダイヤモンドペンダント・・・素敵な人にプレゼントされてみたいな〜wとか考えながら大注目の記事更新してます
(´・ω・`)












●ナチスの罪暴く若き検事の苦悩とは、ドイツ映画『顔のないヒトラーたち』


映画『顔のないヒトラーたち』が、10月3日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。

【もっと大きな写真を見る】

第二次世界大戦から十数年を経た西ドイツ・フランクフルトを舞台にした同作は、1963年にフランクフルト・アウシュビッツ裁判が開かれるまでの検事の苦悩を描いた作品。駆け出しの検察官ヨハンが、ジャーナリストのグニルカ、強制収容所を生き延びたユダヤ人のシモンと共に、アウシュビッツ強制収容所で親衛隊員だった男が規則に反してある学校の教師をしているという事実について調査を始め、ナチスがアウシュビッツで犯した罪の詳細を明らかにしていくというストーリーだ。

主人公のヨハンを演じるのは『ゲーテの恋〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』『イングロリアス・バスターズ』のアレクサンダー・フェーリング。共演者にはフリーデリーケ・ベヒトをはじめ、アンドレ・シマンスキ、ゲルト・フォスが名を連ねている。監督は、同作が初監督作品となるドイツ在住のイタリア人俳優ジュリオ・リッチャレッリが務めている。
(この記事は映画(CINRA.NET)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 22:10| ニュース

2015年07月28日

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は「原点回帰をしつつ進化する」最新作――“初出しなのに出しすぎ!”な発表パートをリポート!

今日もきになるコラム更新だよ〜
(* _ω_)…アヒョ












●『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は「原点回帰をしつつ進化する」最新作――“初出しなのに出しすぎ!”な発表パートをリポート!


文・取材:編集部 立花ネコ

●PS4、3DS対応に報道陣もどよめいた!
 スクウェア・エニックスは、本日2015年7月28日、都内で『ドラゴンクエスト』新作発表会を開催。その中で、ナンバリング最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』を、ニンテンドー3DS、プレイステーション4用ソフトとして発表した。

 発表会では家庭用ゲームからスマホアプリ、アミューズメント用機器まで、『ドラゴンクエスト』シリーズに紐づく多数のタイトルの最新情報がお披露目された。その中でもとくに注目を集めたのはやはり、ナンバリング最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』。プラットフォームはなんと、ニンテンドー3DSとプレイステーション4! 本記事では本作の発表パートを抜粋してリポートしていこう。このほかの発表会リポートは、追って掲載予定。

[関連記事]
・『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発表、対応ハードはPS4とニンテンドー3DS
・『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式リリースが到着

 発表会の終盤に公開された映像は、1986年に発売された第1作目『ドラゴンクエスト』から「今!生誕30周年に向けて!」というフレーズを経て、歴代作の画面がつぎつぎと登場。「そして ふたたび 伝説の時が おとずれる」というキャッチコピーの後、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のロゴが表れ、待望の最新作が発表! 報道陣の注目が集まる中、檀上には本作でプロデューサーを務める齊藤陽介氏が登場。ここで早速、気になるプラットフォームがニンテンドー3DSおよびPS4であることが明かされると、報道陣からは大きなどよめきが沸き起こった。また本作は、前作『ドラゴンクエストX』とは異なり、スタンドアローンタイプのタイトルとなる。

 シリーズ生みの親である堀井雄二氏によると、このマルチプラットフォームは「いろんな人に遊んでほしいので」という理由から決断したもの。サブタイトルやロゴにもシリーズ30周年に向けた想いがこめられており、ズバリ“時”を絡めた物語のもと、「原点回帰をしつつ進化する」(堀井氏)タイトルになるという。ロゴは第1作目のものを反対にしたようなモチーフが取り入れられており、ここでも30年の歴史の第一歩を刻んだ第1作目に対する想いがうかがえる。

 驚きのニンテンドー3DSとプレイステーション4の2機種に対応予定とのことで、気になるのはその開発体制。ここでPS4、3DS両バージョンのプロデューサーが登場し、本作の開発体制を説明した。

 速報でもお伝えした通り、両バージョンともコアメンバーはスクウェア・エニックス内部にて構成されるが、PS4版はオルカ、3DS版はトイロジックが開発に協力。PS4版にはエピックのアンリアルエンジン4が採用され、「PS4のスペックを最大限に活かせるように」開発が行われるとのこと。PS4版と3DS版は同じストーリーが展開する。

●ハードそれぞれの特性を活かした魅力がお披露目
 ここで『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の開発から参加しているという本作ディレクターの内川毅氏を交え、早くも実機プレイが実施! 堀井氏みずからが操作し、気になる開発画面がお披露目された。まずはPS4版から。

 最初にお披露目されたのは、ある王国の裏通り。宿屋に入るシーンも公開され、今回は開発画面のため確認できなかったが、もちろん樽や壺、たんすなどを調べることもできるという。また、街に上層、下層など階層もあるのがPS4版の新要素のひとつ。はしごを登って上層に行ったり、綱渡りのような移動をすることもでき、ジャンプアクションもお披露目された。

 続いてフィールドマップへ。こちらも思わず「うわぁ!」と声が上がってしまうほどの美しさ! 水や光の表現は、街中とはまた違ったリアルさが感じられる。フィールド内には、“おおがらす”などおなじみのモンスターの姿も。PS4版ではシンボルエンカウントが採用されている。

 今回お披露目されたフィールドマップはごく一部。この先に広大なマップが広がっており、こういったマップがいくつも収録されるという。草原だけでなく、荒野や雪山など「いままでの『ドラゴンクエスト』に遜色ないマップを、できる限り多く用意しようと考えています。フィールドを作り込んでいますので、絶景ポイントを見つけて楽しんでいただければ」(内川氏)とのことだ。もちろんダンジョンでは洞窟や荒野、迷宮、山道などもあり、ギミックも多く用意される予定。続報をお楽しみに!

 続いては、3DS版の実機プレイへ。なんと3DS版は、上画面には3Dグラフィック、下画面にはドット絵の2Dグラフィックが表示される仕様! これは「『ドラゴンクエスト』の歴史を振り返るようなゲームデザイン」が意図されているそうで、上画面と下画面で、デザインの歴史を一望できるかのようなものになっている。ちなみに会話などは、スライドパットで操作すると上画面に、十字キーで操作すると下画面に表示される模様。キャラクターも3DS用にデフォルメされている。

 もちろんフィールドでも上下画面が連動し、上画面ではシンボルエンカウントとなるが、下画面ではランダムエンカウント。好きなタイミングで切り替えて遊ぶことができる! バトルはもちろんコマンドバトル(PS4版も同様)。お披露目された開発画面では、“ギラ”の復活も確認することができた。

 齊藤氏が「初出しにしては出しすぎでしょう(笑)!」と語る通り、盛りだくさんの情報が一挙に公開された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』。気になる発売時期は、「30周年内を目指して開発していきたい」(齊藤氏)とのこと。ちょうどシリーズ30周年を迎える来年、2016年内での発売を目標に開発が進められていることが明かされた。

●鳥山先生&すぎやま氏からのメッセージも!
 『ドラゴンクエスト』といえば、鳥山明先生の生み出すキャラクターと、すぎやまこういち氏による音楽も魅力のひとつ。続いては『Vジャンプ』で鳥山先生の担当編集を務める編集長の伊能昭夫氏(集英社)が、鳥山先生からのメッセージを代読した。主人公のキャラクターデザインが出来上がるまでには紆余曲折があったようで、「長く続けていれば、キャラクターデザインのバリエーションもとっくになくなるわけで、ボツになりながら、忙しい中、身を削ってがんばって描いてみました」と率直な感想を吐露しながら、「堀井さんも気合が入っているようなので、僕も根性を見せるしかありません。(略)気だけは若い老人たちと、本当に若い優秀なスタッフたちの、渾身の見事な連携プレイにも注目です。(略)どんなゲームになるのかとっても楽しみです」と、ユーモアたっぷりに本作をアピールした。

 そして音楽を手掛ける、すぎやまこういち氏が登壇。「とにかく気合が入っております!」と語るすぎやま氏、発表会でも新たな『序曲』の一端がお披露目されたが、 「『I』と同じような気持ちで始めるということで、堀井先生から“こういう曲がほしい”という一覧表をいただいて、腰を抜かしました(笑)。村から街から戦闘から、全部新曲ということで作ってほしいと」とその曲数に対する驚きを語りつつも、「全身全霊をかたむけて作っていきたい」と、本作への意欲をあらわにした。

 最後のメッセージでは、「皆さんに1日でも早くお届けしたいと思っていますので、ぜひその日を楽しみにしていただければ」という齊藤氏から、本作『ドラゴンクエストXI』および『ドラゴンクエストX』が、任天堂が開発中のゲーム専用機プラットフォーム“NX”(開発コード名称)での発売が予定されていることも明らかに! 堀井氏も「『I』を作ったとき、まさか30周年を迎えられるとはとても思っていなかった。30周年記念に向けて、いろいろなイベントも企画しています。そちらも楽しみにしていてください」と、『ドラゴンクエストXI』、そしてシリーズ30周年に向けた想いを語り、発表会を締めくくった。

 待望の最新作が発表され、シリーズ30周年に向けてさらなる盛り上がりを見せる『ドラゴンクエスト』。タイトル発表とともに多数の新情報が明かされた『ドラゴンクエストXI』だが、その詳細は、続報が入り次第、随時お届けしていく。
(この記事はゲーム(ファミ通.com)から引用させて頂きました)



スタッドレスタイヤ215/60R17 ダンロップ/DUNLOP DSX-2 スタッドレス
posted by ちろたん at 22:46| ニュース

2015年07月27日

近藤晃央、マンスリーアコースティックライブ第三弾が大盛況

今日もつい見ちゃうニュースブログ更新してます
(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ









干しえのき茸 20g干しえのき茸 20g

干しえのき茸 20g干しえのき茸 20g
価格:553円(税込、送料別)




●近藤晃央、マンスリーアコースティックライブ第三弾が大盛況


近藤晃央がシンガーソングライターとしての原点に帰るべく、また一番の魅力である歌声や歌詞、メロディーをシンプルに直接届けるために5月から開催している「ACOLOGIA(あころじあ)〜近藤晃央 MONTHLY ACOUSTIC LIVE」。そのVol.3が7月26日(日)、デビュー前からの思い出のライブハウスである渋谷eggmanにて行なわれた。

近藤晃央、家族愛にあふれた極上ウエディングソング「六月三日」のスペシャル動画を公開

会場は超満員。今回はKeyに藤井洋、アコースティックギターに鈴木督和というVol.1の時のサポートメンバーに加え、Drum&Perにターキーを迎えた豪華な編成だ。弾き語りからスタートし、2人編成、さらにフル編成と形を変えながら、多彩な表情のライブを披露した。

まずは弾き語り。ACOLOGIAでは毎回未発表の新曲を披露して来ているが、「今回は5月、6月、7月の曲を全部やります。」と、今回初披露となる「オフィスレディの逆襲」も含め3曲の未発表曲を立て続けに披露した。eggmanにはデビュー前によく出演していたが、今回が3年ぶりの出演。藤井洋を呼び込み「3年前と同じ気持ちで歌いたいと思います。」と語った後、当時から歌っていた楽曲「らへん」を歌い上げた。その後ターキー、鈴木督和を呼び込み2曲披露したのちに歌ったのが現在絶賛配信中の「六月三日」。SEからスタートし、後半は会場全体の手拍子、さらに会場全体で一緒に歌う構成で、弾き語りの時とは、また違った雰囲気での披露となった。「ここから上げて行きます!」と「テテ」を含むUP系2曲を演奏した後、本編最後の曲に選んだのがシングル「テテ」のカップリングに収録されている「かな」。「カップリング曲もシングル曲に負けない曲を入れたいといつも思っていますが、そんなカップリング曲の中で一番好きな曲です!」というMCの後、じっくりと歌い上げた。「俺、3年前と変わっていないです。音楽がすごい好きです。好きな音楽を愛してくれるあなた方の事も大好きです。ありがとうございました!」という言葉で本編は終了した。

「eggmanで初めてやった時の1曲目がこの曲です。だからこの曲をやります。」とアンコール1曲目に選んだのは「片隅スマイル」。「俺の原点の1つがeggman、もう1つの原点が渋谷でやっていた路上ライブ。今日は最後にマイクは使いません。そっちに行って歌いたい!」とステージを降りて客席フロアの真ん中へ。「渋谷で、ここは、ちょっと静かな路上です。」というMCの後、マイクを通さない、生声と生のギターの音だけで最後の楽曲「ともしび」を想いを込めて歌い上げた。最後は「会場のみんなを撮りたい!」という事で近藤晃央自ら、ステージ上から、会場に集まって頂いたお客様全員での記念写真を撮影し2時間半に渡るライブは終了した。

アンコールのMCでは、ACOLOGIA(あころじあ)〜近藤晃央 MONTHLY ACOUSTIC LIVEの名古屋、大阪公演が、この秋に開催される事もステージ上で発表された。毎回、形を変えながら、多彩な表情を見せるこのライブ。9月20日(日)地元・名古屋、10月25日(日)大阪にてどのようなライブを行うのか、楽しみにして欲しい。

それを前に8月22日(土)には近藤晃央オフィシャルファンクラブ「UDONCO」会員限定「UDONCO 夏祭り・2015」が行なわれる。今年は、フードビュッフェ・ドリンク付きのスペシャルイベント。ここでしか聞けないトークや、弾き語りライブはもちろん、お客様も参加いただけるゲームをご用意。さらには、このイベントのためだけに撮り下ろしたプレミアム映像も上映。今までにお見せしたことがない"近藤晃央"をご覧頂けるイベントとなっている。当日サーブするフードには、"近藤晃央の実家"で作られたお米を使い、近藤晃央がプロデュースしたスペシャルメニューも登場! さらに、ドリンクには、近藤晃央こだわりのアルコール1種&ノンアルコールドリンク1種も準備するなど、まさにスペシャルなイベントになっている。「UDONCO」は入会無料のオフィシャルファンクラブ。この機会、是非お見逃しなく。

■オフィシャルファンクラブ「UDONCO」 
https://akihisakondo-fc.lespros.co.jp/
(この記事は音楽(music.jpニュース)から引用させて頂きました)



間接照明 (セール SALE) (アジアン エスニック) 照明 ランプ フロアスタンド 9月上旬発送予定
posted by ちろたん at 19:54| ニュース

2015年07月17日

スーパーGTドライバー&マシンが中学校を訪問、環境への意識向上と夢語る

ハロ―ヾ(´I(*´ω`*)∀`)ノ―ウ♪


レップス楽天市場店の4コマ漫画の絵がひどすぎるわ〜wwwとか考えながらついつい読んじゃう記事日記更新なのであります
(゜Д゜)












●スーパーGTドライバー&マシンが中学校を訪問、環境への意識向上と夢語る


 16日、神奈川県横浜市にある市立秋葉中学校をスーパーGTドライバーとマシンが訪問。小・中学生を前に『小・中学生が学ぶ「キャリア」「環境」について』をテーマに特別プログラムが実施された。

【動画】スーパーGT第3戦タイ 決勝

 これは、スーパーGTが横浜市と進めてきた「水源エコプロジェクト(W-eco・p [ウィコップ])」の一環となる教育プログラムで、同時に小・中学生に職業への夢や意識を持ってもらい、より環境への意識を高めてもらおうというもの。

 今回のプログラムには、秋葉中の全校生徒475人に加え、同じ敷地内にある秋葉小からも5年生の児童114人が参加。スーパーGTからは、GT500ドライバーの松田次生(No.1 MOTUL AUTECH GT-R)、国本雄資(No.6 ENEOS SUSTINA RC F)、塚越広大(No.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT)、GT300ドライバーの井口卓人(No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT)らドライバー4人のほか、NISMOで1号車を担当する中島健エンジニアやTRD(トヨタテクノクラフト)の佐々木孝博エンジニア、本田技術研究所の渡邉昇エンジニア、STI(スバルテクニカインターナショナル)の日浅英之コーディネーターらも加わった。

 当日はあいにくの天候で屋外プログラムの一部がキャンセルとなったが、MOTUL AUTECH GT-R(2013年仕様)を使ったエンジン始動では、迫力のエンジンサウンドに子どもたちから驚きの歓声があがったほか、コクピットの体験乗車に加え、エンジンのボンネットやトランクフードも開放、特に男子生徒たちは普段でもめったに見れないレーシングエンジンや駆動系の細部を興味深く見入っていた。

 また、体育館でのパネルディスカンションでも、女子生徒が臨時レポーターを務め、レースやレーシングマシン等についての解説が行われたほか、レーシングドライバーやレースエンジニア、コーディネーターといった“夢”までの経緯などが披露。レースと環境問題の関わりでは、日浅コーディネーターが「富士重工でクルマを生産する際に使用する水(工業用水)について、1999年は25mプール13個分を使っていましたが、2013年には25mプール7個分まで使用を抑えるようになりました」と、自動車メーカーとしての環境配慮などが紹介された。

[オートスポーツweb 2015年07月17日]
(この記事はモータースポーツ(オートスポーツweb)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 22:33| ニュース

2015年07月16日

串本町のふるさと大使に村上ショージさん

(o´ノωノ`o)こんにち…ヽ(o´・∀・`o)ノわぁ♪



FEILER フェイラー タオルハンカチ/ハンドタオルって、めっさメルヘンだよね〜とか考えながら気になる記事今日も更新だっぴゃ
(´・ω・`)












●串本町のふるさと大使に村上ショージさん


 吉本興業所属の芸人、村上ショージさん(60)が15日、和歌山県の串本ふるさと大使に就任した。同町串本の町役場町長室で任命式があり、田嶋勝正町長から委嘱状を受けた村上さんは「串本の良さを大勢に伝えていきたい」と意気込みを見せた。

 ふるさと大使は、町が県外で活躍している町出身者や町ゆかりの人を任命し、PRなどをしてもらっている。村上さんは海や釣りが好きで、以前からプライベートで串本や周辺に釣りなどに来ている。何度も訪れる中で串本の魅力にひかれ、串本の知人からふるさと大使の話を聞いて興味を持ち、就任への意思を示した。今回、14人目の大使として任命された。任期は2年(2017年3月まで)。

 この日、町長室を訪ねた村上さんに田嶋町長が委嘱状を手渡した。田嶋町長は、今年はトルコ軍艦エルトゥールル号遭難125周年で、エ号を題材にした日ト合作映画も12月に上映されるなど、多くの人が串本に注目している1年であることを挙げ「かつてない動きが串本で出ている。そういった時に大使として串本のいろいろな場面を紹介していただけたら、一層串本が盛り上がっていくと思うのでよろしくお願いします」と述べた。

 村上さんは、自身が愛媛県出身であることや和歌山に思い入れがあることに触れ「昔から和歌山と愛媛は海でつながり、串本の人と僕とは心がつながっていると感じていた」「愛媛から観光大使などの仕事の依頼が来ると思っていたがまるっきり来ない」「町長のうわさは聞いていたが、森田健作さん以来の爽やかさ」などと、ユーモアを交え笑いを誘った。

 村上さんは「テレビ番組などいろいろな所で、串本の良さを皆さんに伝え、人に来てもらえるように頑張ります。墨絵をやっているので、串本の景色や町並みを表現したい。人の温かさや優しさ、海と山、川がある自然の良さも伝えたい」と話した。

 串本町古座は、村上さんと同い年で吉本興業の4年先輩の明石家さんまさんの出生地でもある。ふるさと大使の話をしたところ「大使になるなら頑張って串本をアピールしてほしい」とエールを送られたという。
(この記事は和歌山(紀伊民報)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 22:01| ニュース

文句なしの年度代表馬に選ばれたアドマイヤムーン

少々グルコサミンて打とうとしたのに、うちのパソコンはなんで「グル濃さ民」て出てくるのかな〜(ー_ー)どんな民やねんっって考え事にふけりつつ猫に目覚ましより20分早く起こされた私が通りまっせ〜
レ(・ω・。)ヘ=3=3=3シュタタ


Helloゝ(・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)ノHelloですよ〜


現在ちょっと気になってるニュース記事は結構存在しますけど、今日はこちらですよん
わぁ〜い゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。











●文句なしの年度代表馬に選ばれたアドマイヤムーン


 7月13、14の両日、北海道苫小牧市でサラブレッドの競り市「セレクトセール」が行われた。日本競走馬協会が主催する競りは1998年に始まり、数々の名馬を送り出すことで、今や国内最大規模の市場に成長した。ディープインパクト、キングカメハメハ、ディープブリランテ。3頭のダービー馬を始め、世界競走馬ランキングで年間1位の座についたジャスタウェイなどが、このセレクトセールで落札され、のちに名馬へと成長した。

アドマイヤムーンの写真をもっと見る

 アドマイヤムーンと呼ばれることになる当歳(0歳)馬「マイケイティーズの2003」がセレクトセールに出場したのは、2003年だった。この日、最後に登場し、「アドマイヤ」の冠号で知られる馬主の近藤利一氏に落札された。価格は1600万円。のちのGI優勝馬としては、お買い得といえる低価格だった。
 栗東トレーニング・センターの松田博資調教師のもとで訓練を受けたアドマイヤムーンは2005年7月に函館競馬場でデビューした。序盤は16頭立ての最後方を進んだ。最後の直線に入ると爆発的な末脚を発揮し、2着に2馬身半の差をつけた。
 その後、場所を札幌競馬場に移して、クローバー賞、札幌2歳Sと連勝。デビューから負け知らずの3連勝で重賞勝ち馬となった。暮れのラジオたんぱ杯2歳Sは惜しくも鼻差の2着に終わったが、4戦3勝で2歳シーズンを終えた。
 ダービーを目標にした3歳シーズンは共同通信杯の白星でスタートした。続く弥生賞も制して、皐月賞は1番人気に支持された。しかし結果は4着。巻き返しを期したダービーも7着に終わった。
 夏の札幌記念で重賞4勝目を挙げると、秋は菊花賞ではなく天皇賞に挑んだ。2番人気になったが、追い込みは届かず3着になった。暮れは香港に遠征。初めての海外遠征となったGIレース香港カップで鼻差の2着に健闘した。
 4歳の2007年は最良の1年になった。京都記念を白星で飾ると、2度目の海外遠征となったアラブ首長国連邦ドバイのドバイ・デューティーフリーで海外GIレース初制覇。6月に宝塚記念で国内GI初勝利を飾ると、11月のジャパンカップも優勝した。国内外で年間GI3勝。文句なしの年度代表馬に選ばれた。
 この年は競走馬として最良の成績を残すとともに、アドマイヤムーンの「馬生」にも大きな変化があった。天皇賞・秋に向けて準備していた頃、所有権の移転があった。
 ドバイのモハメド殿下が主宰する競馬運営組織ダーレー・ジャパンが近藤利一オーナーから所有権を獲得した。トレードマネーは40億円という。欧米では普通に行われる一流馬の所有権移転だが、日本では非常に珍しいケースだった。
 種牡馬(しゅぼば)になったアドマイヤムーンはそのスピードを2世に伝えている。ハクサンムーン(スプリンターズS2着、高松宮記念2着)など短距離での活躍馬が目立つ。

(文 有吉正徳 / 朝日新聞デジタル「&M」)
(この記事は競馬(朝日新聞デジタル)から引用させて頂きました)


今日のニュースはどうでしたか?






posted by ちろたん at 18:09| ニュース

2015年07月14日

『グランツーリスモ6』“GTアカデミー”激闘となったジャパンファイナルのゲームスキルテストをリポート 日本代表選手6名が決定

ヾ(●´□`●)ノ【゚+。・oこんにちはo・。+゚】ヾ(○´■`○)ノ"


プラセンタエキスとポリフェノールが一度にとれるサプリ欲しいな〜でも金なーいとか考えながら気になる記事日記の更新中
(゜Д゜)












●『グランツーリスモ6』“GTアカデミー”激闘となったジャパンファイナルのゲームスキルテストをリポート 日本代表選手6名が決定


文・取材・撮影:編集部 オスカー岡部

●柳田真孝氏「将来、僕のチームメイトになるかもしれない」
 日産自動車およびソニー・コンピュータエンタテインメントは、国際的ゲームコンテスト“GTアカデミー by 日産×プレイステーション2015 ” のジャパンファイナルを2日間にわけて実施。Day2となる本日2015年7月12日に、最終ゲームスキルテスト、および表彰式が開催された。

 本大会は、『グランツーリスモ』トッププレイヤーに対し、本物のレースドライバーになる千載一遇のチャンスを付与するというコンテスト。ジャパンファイナルでは、延べ参加者数 6万人以上、3ヵ月に及ぶ予選を勝ち抜いた20名の日本人ゲーマーが集結。彼らは8月に予定されているイギリス・シルバーストーンサーキットのレースキャンプ参加権を賭け、わずか6名という“日本代表枠”に向けて各種テストに挑戦することになった。

 ここでは、最終ゲームスキルテストの模様をお届けしよう。MCはお笑い芸人のエレキコミックの今立進氏、実況は木幡ケンヂ氏、解説はレーシングドライバーの柳田真孝氏が担当。オフィシャルレースクイーンとして石川恋さんも登壇した。なお、本大会でニコニコ生放送での配信も行われていた。

■ラウンド1

 ラウンド1では、Day1に行われたテストの点数と、これから行うタイムアタックでの結果を合算した総合点で競うことになる。ここで上位4名となればその時点で日本代表選手に決定。5位〜12位となればラウンド2に進出。13位以下はここで脱落となる。

 柳田真孝氏は「将来、僕のチームメイトになるかもしれないですね。若い才能を発掘したいです」と語った。なお、ラウンド1のルールはコースを5周を走り、そのベストラップのタイムを競うというものだ。

◆グループA
 Day1で残念ながら最下位の成績だっただったオカモト ヒロノリ選手は「厳しいかなと思いますが、がんばります。自分の持っている力を全部出します」と前向き。視聴者からは「オカモトがんばれよ!」という暖かいコメントが寄せられた。

 結果はヨシダ ショウゴ選手が58.448秒というタイムを出して現状トップに。選手みんなが4〜5周目で好タイムを残した。また、柳田真孝氏によると、実際のレースのタイムアタックでも最初の1、2周ではなく、後半での勝負になるという。

◆グループB
 グループBでは、ニシムラ ユウスケ選手が声が出なくなるほどに緊張していたようだ。ヨコヤマ タケトシ選手は「いつもどおりにやるだけです」と冷静に語った。

 結果はイノウエ ショウタロウ選手が58.724秒のタイムを記録。惜しくもAブロックのヨシダ選手には届かなかったが、安定した走りを見せていた。

◆グループC
 グループCでは、42歳で今大会の最年長となるウメザワ タカハル選手が登場。ウメザワ選手は「ほかがお若い方ばかりで、場違いかな」とコメントしていたが、視聴者からはウメザワ選手を応援する声がたくさん届いていた。

 結果はタカノ ユウキ選手が58.193秒というタイムを叩き出し、ヨシダ選手の記録を上回って現状1位となった。

◆グループD
 グループDでは、タカハシ タクヤ選手が「いままでの選手より自分のほうが早いと思います」、ノザキ ユウヤ選手が「勝てます。ここで順位をあげていきたいです」と強気な発言をした。

 結果は、4人全員が58秒台の好タイムを記録。タカハシ(タ)選手は「(1位のタカノ選手に)コンマ1秒届かなかった」と悔しさをにじませていた。

◆グループE
 グループEで集まったのは、Day1のテスト結果がトップであった4名の精鋭たちだ。

 タカハシ ユウ選手はクリッピングポイント(カーブの一番内側の場所)に寄せて見事な走りを見せた。Day1のテスト結果が1位だったイ ジョンウ選手は思ったようにタイムが伸びなかったようで、「コーナー取りを安全にしすぎました」とレースを振り返っていた。


 Day1との点数を合算したラウンド1の結果は、1位がイ選手、2位がハタケヤマ コウヘイ選手、3位がタカハシ(ユ)選手、4位がタカハシ(タ)選手。見事、日本代表選手の4名に選ばれた。

 ここからは、5位〜12位の8名の選手たちが、残りたったふたつの枠をかけて、第2、第3ラウンドに挑むことになる。

■ラウンド2

 ラウンド2では、8名が4名ずつ2グループに分かれ、3周のレース対決を行うことになる。

◆グループA
 グループAでラウンド3への進出を目指すのは、イトウ トシキ選手、イワサキ コウジロウ選手、キクチ ユウタ選手、オオイシ ユウタ選手。キクチ選手は「ここで勝ち抜けなければいけません。崖っぷちですが、いい勝負ができるようにがんばります」とコメントした。

 レースでは、イワサキ選手が少し出遅れたものの、じわじわとトップに浮上。イワサキ選手の後ろにキクチ選手が這いより、イトウ選手とオオイシ選手が3位争いをしながらトップも狙うという、白熱の展開となった。

 結果は1位がイワサキ選手、2位がキクチ選手となった。惜しくも3位となったオオイシ
選手は「スタートがうまくいきすぎていて、早めにブレーキを踏んでしまっていました」とコメント。誰が1位になってもおかしくない、抜きつ抜かれつの勝負だった。

◆グループB
 グループBでは、タカノ ユウキ選手、ノザキ ユウヤ選手、カワヒト マサル選手、イノウエ ショウタロウ選手でのレースに。カワヒト選手は「悔いがないように、全力を出しきります」と語った。

 レース序盤はノザキ選手が1位、タカノ選手がそれに続くという展開に。イノウエ選手はコーナーで大きく膨らんでしまう一幕もあったが、終盤では見事なコース取りをして2位に躍り出た。

 結果は、1位となったノザキ選手に続き、イノウエ選手がフィニッシュをした。タカノ選手は中盤に2位になっていたこともあったため「2番目を取り返そうと、焦ってしまいました」と振り返った。

■ラウンド3

 ラウンド3は、5周でのレースの勝負となる。残りふたつの枠をかけて戦うのは、イワサキ選手、キクチ選手、ノザキ選手、イノウエ選手となった。

 ここで、視聴者は誰がラウンド3で1位となるかを予想。結果は過半数を超えるほど、イノウエ選手に多くの票が集まった。イノウエ選手はこのことに「僕は4番手スタートです。そのことを、みんな考えてね」とコメントした。

 なお、じつはノザキ選手とイノウエ選手とは友人どうしなのだそうだ。ノザキ選手は「こんなに(イノウエ選手が)攻めてくるやつだとは思いませんでした。この戦いで友情が壊れてしまうかもしれません」と、イノウエ選手は「友情を残したままイギリスにいけたらなと思います」と語った。


 第3ラウンドの序盤は、第2ラウンドと打って変わり穏やかな展開となった。みんなが着実なコース取りを行い、1位がイワサキ選手、2位がノザキ選手、3位がイノウエ選手、4位がキクチ選手という順位となった。


 だが、4周目を迎えてから、イノウエ選手が果敢に攻めて、何度もノザキ選手の横に着けた。しかし、5周目でイノウエ選手わずかにスリップをしてしまい、けっきょく追いつくことはできなかった。そのまま、イワサキ選手がトップを死守したままフィニッシュ、続いてノザキ選手がゴールした。

 惜しくも3位となったイノウエ選手は「最後のミスが痛かったです」と悔しそうに語った。ノザキ選手とイノウエ選手は最後に固い握手を交わし、その友情はより強固なものになったようだ。


■表彰式

 日産自動車の横溝恵子氏から、日本代表選手となった6名にトロフィーが贈られた。また、ラウンド1にて1位のタイムを記録したタカノ ユウキ選手が特別賞を受賞した。

 総合1位となったイ選手は「うれしいとしか言えないです」と喜びに満ち溢れた表情をしていた。表彰式を終えて、柳田真孝氏は「皆さんの“本気度”をイギリスに持って行ってください」と、石川恋さんは「夢の切符をつかむ姿に、感動しました!」と語った。

 これから6名は、イギリスのシルバーストン・レースサーキットで開催されるレースキャンプに、日本代表選手として参加する。以降の活躍と、さらなる飛躍にも注目したい。
(この記事はゲーム(ファミ通.com)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 19:15| ニュース