2014年03月29日

グリーン経営者フォーラム、熊本宣言を採択


訳あり人参だって安くて美味しければ問題ないよね〜とか考えつつ大注目の記事カキカキ中でありんす
(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ












●グリーン経営者フォーラム、熊本宣言を採択


グリーン経営者フォーラム2014 熊本宣言(2014年3月29日)

私たち「グリーン経営者フォーラム」は、2014年3月28−29日の両日、熊本市国際交流会館で「グリーン経営者サミット」を開催し、29日午前、「熊本宣言」を採択しました。本サミットは、同じ日程で開催された「第8回フェアトレードタウン国際会議in熊本」に賛同し、連動イベントとして開催しました。(オルタナ編集長 森 摂)

グリーン経営の定義: ソーシャル(地域や世界と共生する)、エシカル(倫理的な)、エコロジカル(環境に配慮した)の総和。これらの追究により、それぞれの企業価値を高め、経営リスクを減らし、より持続可能な経営体を目指すこと。

■グリーン経営者フォーラム2014 熊本宣言

1)私たちは、『グリーンな』価値観を企業経営に積極的に導入し、社会の革新を引き起こす存在であり続け、企業価値を高めていくことで、自らの企業や団体をさらに持続可能な存在にしていくことを目指します。

2)そして、業種や規模や地域を問わず、このような『グリーンな』価値観をより多くの企業や団体と共有し、横のネットワークを拡充していくことで、21世紀における、より理想的な資本主義のあり方を追究していきます。

3)上記の目的を遂行するためにも、「グリーン経営者フォーラム」をこれまでの任意団体から、できるだけ早く一般社団法人化し、経済社会の中での地盤を固めます。これにより、会員企業や団体のそれぞれが、より持続的な経営を目指すとともに、本フォーラムを「グリーンな経団連」として存在価値を高めていきます。将来的には政策提言など、さまざまな情報発信をしていきます。

※グリーン経営の10大要素

1)クリーン・エネルギー(脱原発、自然エネルギー推進)
2)第一次産業(農林水産業と連携し、真の自立を支援)
3)パートナーシップ(NPOや地域との協働をテコに)
4)オーガニック(有機農産物やスローフードを奨励)
5)フェアトレード(内外の公正取引を貫く経営を)
6)3R(リデュース、リユース、リサイクルを推進)
7)ダイバーシティ(性差や障がいの有無を問わない)
8)フットプリント(ビジネスによる環境負荷を最小化する)
9)社員を大事にする経営(厳しくも温かいリーダーシップ)
10)ソーシャル・ブランディング(社会との接点を増幅する)
11)インテグリティ(社員や社会に対して誠実であること)
12)健全な財務基盤

■グリーン経営者フォーラム「熊本宣言」採択参加者(順不同、敬称略): 自然と未来株式会社 代表取締役 星子 文、一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水菜保子、クオリ太陽堂 代表 園田恭子、一般社団法人へきんこの会 代表 山地 竜馬、株式会社ロハスインターナショナル 代表取締役 清水 圭、河津製材所 専務取締役 河津 秀樹、株式会社グリーンナイズ 代表取締役 横山 光紀、株式会社オークジャパン 代表取締役 葉坂 廣次、ギンザのサヱグサ 代表取締役 三枝 亮、株式会社ビッツクリエート 代表取締役 松永 健一、中越パルプ工業株式会社 営業企画部長 西村 修、有限会社あきゅらいず美養品 代表 南沢 典子 株式会社mima 代表 松本 毅史、株式会社ウェル 代表取締役 山本 太郎、山陽製紙 代表取締役 原田 六次郎、白井グループ株式会社 代表取締役 白井 徹、一般社団法人オルタナ 代表理事 泉 俊雄、合同会社ちかけん 代表 三城賢士、にしだ果樹園 代表 西田 淳一、株式会社ミズタホーム 代表取締役 水田 和弘、かねくら株式会社 反後 人美、畑まるごと有機生活 田上 大志、株式会社レジナ 代表取締役 土田直樹、ラブランド 代表 明石 祥子、三和文化企業株式会社 代表 窪寺 洋一、屋久島・大屋根の会 浦田 功、WAKUWORKS一級建築事務所 和久 倫也、ロハスメイト 奥山 眞理子、株式会社福市 代表取締役 高津 玉枝、株式会社ハート・ラボ・ジャパン 代表取締役 知識 茂雄、株式会社エイブルデザイン 取締役会長 土屋 修三、一般社団法人モア・トゥリーズ 事務局長 水谷伸吉、株式会社ワイスワイス 代表取締役 佐藤 岳利、松下生活研究所 代表 松下 修、株式会社オルタナ 代表取締役編集長 森 摂
(この記事は社会(オルタナ)から引用させて頂きました)



今日のニュースはどんなもんでした?

posted by ちろたん at 14:43| ニュース

フィギュアファンの声援も国際化!?日本人観客マナーの海外関係者評価。

今日も面白いニュースブログの更新中
( ´∀`)ゲラゲラ












●フィギュアファンの声援も国際化!?日本人観客マナーの海外関係者評価。


 「すごく緊張したけれど、日本の人たちが2011年から世界選手権の開催を待っていてくれたことを思い出した。その観客の皆さんの思いが伝わってきて、私の演技を後押ししてくれたんです」

 カロリーナ・コストナーは女子SP終了後の会見で、そう語った。

 確かにさいたまスーパーアリーナの観客の熱狂的な声援は、通り一遍のものではなかった。日本選手への応援は当然としても、彼女たちの強力なライバルであるカロリーナ・コストナー、ユリア・リプニツカヤ、グレイシー・ゴールドらにも、観客たちはごく自然にスタンディングオベーションを捧げ、氷上にも多くの花束が投げ込まれた。
(この記事はスポーツ総合(Number Web)から引用させて頂きました)



インテリアコーディネーターハンドブック 下/インテリア産業協会
posted by ちろたん at 03:11| ニュース

2014年03月27日

「シンセVSロックどっち派?国民調査」投票開始! 75万枚突破の人気MIXシリーズの新作発売記念

((ヾ(*ゝω・*)ノ☆゚+.⊇ωレニちゎ゚+.☆


美顔ゲルマニウムローラーとかって、やっぱお肌の老化が顕著になる前にやっとかなきゃね〜とか考えながら注目されてる記事今日も更新だよん
(o゚∀゚o)












●「シンセVSロックどっち派?国民調査」投票開始! 75万枚突破の人気MIXシリーズの新作発売記念


ソニー・ミュージック初のJ-POP DJとして注目を集め、国内外の様々なフェス・イベントを飛び回るDJ和さん。先日、10周年を迎えるノイタミナ初の公式MIX CDをリリースすることも発表されたばかり。

【DJ和による超人気MIC CDとは!?】

そのDJ和さんによる、シリーズ累計75万枚を突破したJ-POP原曲の大人気MIXシリーズから立て続けに2枚のCDがリリースされる。それが、2月26日に発売された『J-シンセ伝説 [DJ和 in No.1 J-POP MIX]』と、3月26日(水)に発売される『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』だ。

それを記念して、“いったいこの国にはシンセ派とロック派のどっちが多いのか”を調査すべく、「シンセVSロックどっち派?国民調査」と題した投票企画が開始された。

ランキングコミュニケーションサービス「VOTECLOUD」と連動し、特設サイトもオープンした。投票には、TwitterかFacebookのアカウントとなる。

投票期間は5月6日(火・祝)まで、多く支持された方に投票したユーザーの中から1名に、Rolandのショルダーキーボード・AX-Synth、もしくはGibson USAのギター2014 Les Paul Studioのいずれかが当たる豪華プレゼントが!
(この記事はエンタメ総合(KAI-YOU.net)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 02:34| ニュース

2014年03月26日

【高松宮記念】スマートオリオン充実一途 気合十分ラスト12・3秒

今日もついつい読んじゃうコラムカキカキ
(* _ω_)…アヒョ












●【高松宮記念】スマートオリオン充実一途 気合十分ラスト12・3秒


【高松宮記念(日曜=30日、中京芝1200メートル)注目馬26日最終追い切り:美浦】連闘で臨んだ前走のG3オーシャンSで重賞初V。芝の6ハロンに照準を合わせてから8戦5勝2着3回と連対パーフェクト、目下の勢いはメンバー随一のスマートオリオン。最終追い切りは坂路で軽めの内容(4ハロン54・1秒=馬なり)もラスト12・3秒で先着。目下の充実ぶりをうかがわせる気合十分の走りを見せた。

 鹿戸雄調教師「間隔が詰まっているので時計はこれでOK。いい雰囲気を保っているね。適度に間隔を空けて使っているせいか馬は確実に力をつけているし、今の充実ぶりならG1でも楽しみ」
(この記事は競馬(東スポWeb)から引用させて頂きました)



スタッドレス ブリヂストン ブリザック レボ GZ 155/65R13 73Q & ラファール 4.0-13 タイヤホイール4本セット 155/65-13
posted by ちろたん at 20:09| ニュース

2014年03月25日

DeNA藤井と阪神・鶴岡 甲子園がつなぐ2人の野球人生

今日も気になるニュース日記更新
( ´∀`)ゲラゲラ












●DeNA藤井と阪神・鶴岡 甲子園がつなぐ2人の野球人生


 春の訪れを告げるかのように、高校球児の熱戦が繰り広げられている。毎年この時期になると、記者1年目を思い出す。もう19年前、95年のセンバツが、初めての取材経験だった。

 1月15日に阪神淡路大震災が起こり、開催そのものが危ぶまれた大会。観音寺中央高の初優勝で幕を閉じたが、一番印象に残ったのが準々決勝の神港学園‐今治西の一戦だった。延長13回の激闘の末、今治西が準決勝にコマを進めた。

 当時、神港学園の主将はDeNAから阪神にした鶴岡一成捕手。今治西の主将はDeNAの藤井秀悟投手だった。被災地の期待を背負った鶴岡の春は幕を閉じた。勝った藤井も、九回に第1球を投げた際に左肘内側側副靭(じん)帯損傷の重傷を負った。左腕をつりながら、一塁手として出場を続けた。九回裏には同点適時打を放った。熱い戦いを、今でも鮮明に覚えている。

 10年の藤井の巨人移籍で、同級生の2人はチームメートとなったがバッテリーを組む機会はなかった。12年にそろってDeNAに移籍。昨年7月13日の阪神戦(甲子園)では、藤井にとっての11年ぶりの完封勝利。マスクをかぶったのが鶴岡だった。

 「九回の初球、ビビりました。あのときも初球にやったので」。大役を果たして、藤井は言った。甲子園での九回のマウンドは、95年センバツ準々決勝以来。高校時代の苦い思い出が、同じ状況でよみがえってきた。故障した夏の続きを演じていたのだろうか。当時は敵だった鶴岡のミットをめがけて、最後まで投げきった。

 「夏の甲子園はあまり知らない。経験したいと思います」。センバツ時の故障で、夏の甲子園は出場できなかった藤井。同26日も甲子園で鶴岡とバッテリーを組み、夏の甲子園で甲子園2試合連続完投勝利を飾ったのだった。

 「トレードも経験しましたし、FAで戻って、今度は人的補償で阪神さんにお世話になる。おもしろい野球人生だと思います」。そう話したのはFAの人的補償として阪神に移籍した鶴岡だった。「甲子園は好きな球場。あれだけの声援を受けて試合に出られる。すごくいいことだと思う」と地元で迎える、新たな野球人生への思いを口にした。

 DeNA・藤井、阪神・鶴岡。交錯する、2人の野球人生。2014年、あの時のセンバツ以来、今度は甲子園で敵として戦う2人。どんなドラマが見られるか、同級生対決を、ひそかに楽しみにしている。

(デイリースポーツ・鈴木創太)
(この記事は野球(デイリースポーツ)から引用させて頂きました)



インテリアシール
posted by ちろたん at 20:25| ニュース

2014年03月21日

体を突き抜ける映像「4D王!」開幕

|☆ミ(ノ゚∇゚)スタッ! o(*゚∇゚)ノシ コンチャー


地中海からの贈り物か〜・・・地中海ってだけでなんか美容に良いって感じがしちゃうのはなんでだろうね〜とか考えながら大注目の記事更新だよん
(´_ゝ`)












●体を突き抜ける映像「4D王!」開幕


 【豊見城】「突き抜ける映像体験! 4D王!」(主催・沖縄タイムス社)が21日、豊見城市豊崎のTOMITON(とみとん)一階で始まった。円筒状のスクリーンに映し出される戦士や動物が目の前に飛び出し、手裏剣や落ちてくる岩石が体を通り抜ける不思議な感覚を、親子連れ、カップルらが楽しんだ。5月11日まで。
 「4D王!」は、約6分のアクション「NINJA」でスタート。戦士3人を襲う弓矢が来場者に迫り、体を通り抜けていく。映像が体を突き抜ける感覚に「おーっ」と大声を上げ、苦笑いする大人もいた。
 沖縄市古謝から来た美東小3年、知念斉音さいおん君は、映像に「びっくりした」と、思わず目をつむった。祖父の信恒さん61は「3Dは経験あるけど、4Dは初めて。激しい動きにびっくりしたけど、面白かった」と話した。
 「4D王!」は、平日は午前10時半〜午後6時半まで、土日祝祭日とゴールデンウイーク期間中は午前10時〜午後6時まで。高校生以上700円、5歳〜中学生500円。問い合わせは沖縄タイムス社文化事業局、電話098(860)3587。4月16日以降は、上映作品が変わる。
(この記事は沖縄(沖縄タイムス)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 20:54| ニュース

2014年03月20日

「ももクロ」国立進出の背景〜他流試合で育ったプロレス的“底なし沼”

⊃`ノ 二 千 ヮ…φ(´C_,`*)


健康茶をたしなむのってなんだか優雅だなぁ〜とか考えながらついつい読んじゃうコラム今日も更新だよん
(´∀`)












●「ももクロ」国立進出の背景〜他流試合で育ったプロレス的“底なし沼”


 国立競技場で女性グループ初の単独公演(3月15、16日)を成功させた「ももいろクローバーZ」(以下ももクロ)だが、3年前の春、デイリースポーツでは芸能面ではなく、プロレス側からの視点で、ひっそりと(?)1ページの特集記事を組んだことがある。国立の聖火台に立つ“大出世”したメンバーの勇姿を紙面で確認しながら、当時撮影した写真を探した。まだ国立の余韻が残るうち、ここに“一つの記録”としてアップしておく。

【写真】相撲界とも異業種交流!力士とえびぞりジャンプ

 2011年4月14日、東京・鶯谷の東京キネマ倶楽部。グランドキャバレーを改装した昭和レトロな雰囲気の会場で、ももクロはプロレスラーの武藤敬司と“対戦”した。「試練の七番勝負」と題して各界の達人たちからレクチャーを受け、今後の飛躍につながるヒントを学ぶという7日間の企画の1つだった。テーマはもちろん「プロレス」である。

 伏線は4月初め。武藤をインタビューする機会があり、「プロレス以外で興味のあること」について聞くと、意外な答えが返ってきた。「ももクロって知ってる?面白ェんだよ。今度、俺、コンサートにゲストで出るんだ」。それは、4月10日に東京・中野サンプラザで行われた公演で、早見あかり(現在は女優として活躍中)が脱退して6人編成から5人となり、グループ名の末尾に「Z」が付いたターニングポイントだった。武藤の“プロレスLOVEポーズ”を振り付けに導入した曲「Chai Maxx」で、メンバーと共演した公演を見ることはかなわなかったが、天才レスラーとアイドルのコラボを格闘技面のトップ記事にするという企画を立て、4日後のイベントでは関係者席に座らせていただいた。

 ヒール(悪役)の心得を学ぶ講義では、リーダーの百田夏菜子がブルーザー・ブロディを意識して「移民の歌」で入場し、チェーンを振り回して司会の南海キャンディーズ・山里亮太の首を締めた。武藤は「いいねぇ。若干、SMチックで」と絶賛。他の4人もパイプイス、石油缶、フォーク、金だらい…と歴代の悪役たちが名刺代わりに使った凶器を手に大暴れ。そのアイドルらしからぬ無邪気で天衣無縫な順応性はその後も一貫している。

 また、メンバーが5色に色分けされていることに着目した武藤は「1人1人にカラーがあるのなら、それぞれの色の毒霧を歌の最後に吐いてみたらいい」と提案。毒霧の作り方を質問し、武藤に「サソリの毒や下関のフグとか、全部混ぜて…」とジョークで返されると、驚きの表情で信じ込む5人に会場から笑いが起きたが、その半年後、10月23日の全日本プロレス・両国国技館大会に「恩返し」として参戦した彼女たちはリングで実際に毒霧を吐くことになる。

 印象に残ったのは、武藤が講義の中で説いた「背中の重要性」という言葉だ。「舞台と違って、リングは四方から見られる。プロレスラーは常に背中を見られる仕事。背中が重要なんだ」。その“宿題”に対する回答だったのか、翌年4月22日の横浜アリーナ大会(ももクロ公演が『〜大会』と称されるのもプロレス的な文脈)では、リングと同様、会場中央に設置されたステージで、360度からの視線を背中に浴びながら歌い、踊った。

 といった具合に、その日のイベントは彼女たちの“その後”に生かされ、武藤が掲げる「点を線にする」を体現していく。ももクロの仕掛け人であるチーフマネジャーの川上アキラ氏は筋金入りの“プロレス者”。ステージ演出の佐々木敦規氏は格闘技界でも活躍するディレクターで、K-1のあおり映像を作っていた。11年12月に初進出したさいたまスーパーアリーナ大会の演出(特にオープニング)は、同会場を聖地とした総合格闘技イベント「PRIDE」をほうふつとさせた。ももクロとプロレス&格闘技の親和性は、彼らブレーンによるところが大きいが、他流試合はそれだけにとどまらない。

 『落語』では東京の定席である上野・鈴本演芸場で林家しん平と高座に上がった。『フォーク』では南こうせつと「神田川」や「あの素晴らしい愛をもう一度」を合唱。『昭和歌謡』ではザ・ワイルドワンズや、「NHKのど自慢」「スター誕生!」で知られるアコーディオン奏者の故横森良造さんと共演し、『ザ・ドリフターズ』では加藤茶とコントを演じた。『ヘビメタ』ではブラックサバス(1969年結成の英ロックバンド)にオマージュをささげた曲「黒い週末」を引っ提げて「オズフェスト」(ヘビメタの祭典)に出演。昭和52年(77年)のヒット曲「愛のメモリー」の替え歌でビッグイベントを告知する松崎しげるは常連になっている。ももクロは若いファン層にとって“温故知新の伝道者”であり、親世代のファンにはノスタルジーをかき立てさせる子供たちだ。

 90年代生まれのメンバーは、はるか昔に活躍した“知らない人”を相手にしながらも“やらされている感”がない。逆に自分流に飲み込んでしまう。その部分で、今は亡き、「週刊ファイト」の“I編集長”こと井上義啓氏が残した「プロレスは底が丸見えの底なし沼」という名フレーズを思い出す。プロレスの4文字を、ももクロに置き換えてみると、公園の路上や家電量販店での無料ライブで歌い始めてわずか5年10か月、史上最速で国立競技場での単独公演を実現した要因の一つがおぼろげに見えてくる。

 見た目のキャラクターは分かりやすい(=底が丸見え)。だが、分からない。なぜ、ここまで熱狂的に支持されるのかと問われると、“モノノフ(この言葉も田中将大投手によって世間に浸透した)”でない大人たちは言葉に窮する。「全力投球」「アクロバティック」「結束力」「口パクなし」「サブカルチャーから大御所まで多彩な作家陣による個性的な楽曲」といった周知の要素だけでは説明しきれない“サムシング・エルス(何か)”があり、それは何でも飲み込んでしまう“底なし沼”のようでもある。ももクロは底が丸見えの底なし沼‐。

 最後に後日談を一つ。ももクロが武藤と共演した「試練の七番勝負」の第2弾が12年1月末から2月初めに開催され、あの梶原一騎氏の実弟で、作家、空手家の真樹日佐夫氏も出演予定だった。取材で事務所に出入りさせていただいていたのだが、11年の暮れ、真樹氏から「おい、ももクロって知ってるか?今度、一緒にイベントに出るんだよ。ももクロ、何人いるんだ?」と聞かされた時は、驚きと同時に“ももクロvs昭和のステゴロ”という異種格闘技戦に期待が膨らんだことを覚えている。だが、年が明けた1月2日、真樹氏は急逝され、世代を越えた「究極の他流試合」は幻に終わった。そんな記憶が今回の「国立」からよみがえったという次第。ちなみに、テーマは「ケンカ」だった。=一部敬称略=

(デイリースポーツ・北村泰介)
(この記事はエンタメ総合(デイリースポーツ)から引用させて頂きました)





posted by ちろたん at 19:31| ニュース